友人に車を譲るときに考えるべきこと

多くの場合、買取店などで車を売った場合、その買取店が一般の消費者に車を販売するケースでは、かなりの利益を乗っけていると思います。たとえば、買取額30万円の車を整備して、販売価格は、80万円なんていう例は良くあるのではないでしょうか?

 

整備の費用や売った後の保証のこと、駐車場などの経費を考えれば、しょうがないような気もします。個人間での取引であれば、売る方はもちろん高く売れそうですし、買う方も安く買えるような気もします。ただ、後々故障してトラブルになったり、名義変更がすんなり行われなかったりといった不安もあるのではないかと思います。

 

販売金額ということでいえば、個人間の取引には消費税がかかりませんから、実際には、売る側は、消費税分も考慮に入れて購入してもらう必要があります。たとえば、買取店で100万円という価格が付いた場合には、実際には108万円もらえるわけですから、個人間の売買であれば、120万円〜130万円くらいで購入してもらったとしても、購入する方は充分納得してもらえると思います。

 

ただ、購入した側の人が早く名義変更をしてくれないことで、自動車時の納付書が自分に届いてしまうようなことも考えられますので、リスクが全くないとも言い切れません。本当に仲の良い友達に車を売ったことで、仲が壊れてしまうようなこともないとは言い切れませんので、そのあたりを考慮すると、やはり業者に任せた方が安心できると思います。