クレームガードってなんなの?

中古車買取の最大手ガリバーの『クレームガード』とは?

クレームガードとは、買取契約締結後に、買い取った車に不具合が発見された場合にも、売主には、不具合を修理するための修理費などを請求しないという保険のような制度です。この制度については、賛否両論あるので、個人的な見解を書いていきたいと思います。

クレームガードの勘違いされやすい点

高い買取額を提示されたから、ガリバーに決めたのに、あとから、こんな制度を説明されてもこれに入ったら結局もらえる金額が少なくなる。そう思う方が多いのです。ただ、この制度は、売る側のモラルを問う制度と考えれば、全く問題がないのです。

 

あなたが、普段感じている不具合があるにも関わらず、それを隠して車を売却している人ならば、当然、入ったほうがよいでしょうね。でも、車には、全く不具合はないのであれば、あとから、修理費を請求されるようなことがある訳がありません。

 

もしあったとしてもそのことをあなたが、修理するいわれはないと思います。ただ、安心のためであれば、入る必要はないと思っています。(完全な個人の感想です。)仮に、修理代を請求されたとしても、後から出た不具合は、購入した人の使い方の問題かもしれませんのでここを証明してもらわないといけません。
クレームガードについての私の個人的見解は、ここに書かれているケースを参照ください。 → OKWaveの記事

クレームガードよりも気にすべき大切なこと

クレームガードは、安心のために入る保険ですが、ガリバー以外で買取してもらった場合には、減額交渉ということもあります。こういったリスクについては、実際に当事者になってみなければわからない部分ですが、複数の業者の話を聞いていると目先の金額提示が高い業者の話を信じたいという、売り手側(一括査定依頼者)の心理が働いてしまいますので、特に気をつけたいところです。

 

買取金額の中に、税金の還付の部分が入っているかどうかも、トータルでの買取金額を左右する問題なので、しっかり確認しておきたいですね。

あなたにぴったりの優良な会社を選ぶなら

ガリバーでもしもクレームガードに入ったとしても他社より買取額が高ければ、
そのまま売れば良いと思います。
いずれにしても複数の会社で買取額を競わせるのがおすすめです。
そのためには、車を高く売りたいなら、ココは要チェック!をご覧ください。