あまり見かけないのが不思議です。

ホンダの車は、日本の中では競合する車種がなかなか定まりにくく、値引き交渉がし辛いのかもしれませんね。当然ですが、同レベルの車をトヨタが作った場合には、値段が安くなります。これは、部品発注の量の問題で、そもそもホンダはここでトヨタと戦っても勝てないということを熟知しているのではないでしょうか?

 

安くて壊れないという点ではトヨタに勝つことはできなくても、独特の乗り味では負けていません。大昔のFF車の出来は、かなりお粗末だったと言えるのかもしれませんが、現在の技術力は格段に進歩していますから、トヨタ車に比べて壊れやすいという指摘は鵜呑みにすることはできません。

 

最近のトヨタ車は20万kmでも30万kmでも、交換するべき部品をしっかり交換していけば、エンジンもまったく問題ありません。ホンダは20万kmとか乗ったことはありませんがちょっと不安がよぎる。その程度ではないでしょうか?

 

流石に15万キロ以上走っているホンダ車は中古車市場で値がつかないかもしれませんが、現在のアコードであれば部品取りの車も豊富でしょうからまったく不安なく乗りつづけられると思います。アメリカではかなり多くの人々に受け入れられているわけで、日本でなぜもっと人気が出ないのか?個人的印象では、本当に不思議です。