ウィリアムズF1とは?

レースのためだけの車造りを続けるイギリスのレーシングチームです。
1977年にフランク・ウィリアムズとパトリック・ヘッドにより設立されたこのチームは、F1で優勝すること110回以上で日本でも熱烈なファンがいます。

 

日本のホンダのエンジンを載せたウィリアムズホンダの全盛期には、本当に無敵の感じでしたよね。日本でもF1ブームの走りでしょうか?BMWやトヨタのエンジンを積んだこともありました。最近ではウィリアムズルノーが凄かったです。ホンダがF1復帰をするのでまたウィリアムズホンダが見られるかと思いましたが、2014年からは、メルセデスのエンジンを積むことになっています。

市販車を持たないウィリアムズF1

市販車を持っていないのにどうして車造りが可能なのでしょうか?
勝つことがお金になるおいう不思議な世界は普通の感覚では良くわからなかったのですが、オーナーがチームを売る時に高く売れるという要素があるようです。ヨーロッパのアングロサクソンの名誉の戦いと言えるのかもしれません。

 

単なるお金儲けではなくて、あることを極めるという名誉に向かう尊さをお金に変える場を作ってしまった。F1とはそのようなものなのかもしれません。

 

たった8人で始まったウィリアムズは、今や500人という大所帯になっているようです。極限の車を作るウィリアムズF1の車がまたF1で活躍する姿が楽しみです。